Interview
社員紹介

美園店 店長 山﨑 貴嗣

美園店 店長 山﨑 貴嗣

美園店 店長

山﨑 貴嗣

店長イメージ

「任せること」も
店長の大切な仕事ですね

私の前に店長をしておられた先輩は、一人ひとりのスタッフをきめ細かく見て、なんでも言える雰囲気を作り出す達人でした。失敗をして落ち込んでいたら、さりげなく「ご飯行こか」と。店長が自分の後ろにいてくれると思うと、ものすごく安心でした。
その後を継いだのですから「しっかりしなければ」と就任当初は気負ってました。でも、20名以上のスタッフを見るのですから、どんどん仕事が増えて自分が辛くなる。周りが見えなくなっていたんでしょうね。
上司から「10のうち7は皆にやってもらえ」と言われ、ハッとしました。役割分担の大切さ。今は徹底的にフォローに回るという態勢が取れるようになり、店舗の雰囲気も良くなりました。
店長イメージ

まずは美園店を
地域No.1にする!

店長になって始めたのは、朝礼で挨拶の練習をすること。受付スタッフが「接客の八大用語」を教えてくれたので、活用することにしました。サービスや整備士は最初は恥ずかしそうでしたが(笑)、今では笑顔でお話ができるように。「対応が良かった」というお客様のアンケートを見ると自分のこと以上にうれしいです。
県内のどのディーラーでもトヨタ車が買える時代に、「和歌山No.1」という高い目標を掲げる当社。そのためには、まず美園店が地域No.1の店舗にならなければと思っています。
「うちのファミリーカーは、和歌山トヨタで買うって決めてるんよ」と言ってくださるお客様がいます。そんなお客様を一人、二人と増やしていくことが会社の未来に繋がっていくのだと思います。